orange情報舎

小寒とは その意味をわかりやすく簡単な言葉でお伝えします!

2017.12.19

 

小寒とは その意味をわかりやすく簡単な言葉でお伝えします!

新暦の暦で最も早く訪れる二十四節気「小寒(しょうかん)」

山里では寒さのピークを告げるかのように「ケーンケーン」とある鳥の甲高い鳴き声が聞こえ始める頃。

この記事では小寒とはどういった節気なのか、どのような意味を持つのかをわかりやすく簡単にお伝えしていきたいと思います。


スポンサーリンク

小寒とは

小寒とは二十四節気のひとつ。

二十四節気とは、春夏秋冬を24等分に細分化し、それぞれに名称を付けた暦の上での季節の目安で、旧暦の時代には農家はこれらを元に農作業を行っていました。

小寒の時期ですが、例年1月5日頃

二十四節気には期間を表す意味もあるために、1月5日頃から次の節気の「大寒」(例年1月20日頃)までの期間も同様に小寒と呼ばれます。

小寒とは その季節

二十四節気の冬は「立冬」から始まり「小雪」「大雪」「冬至」「小寒」「大寒」と続きます。

そして、この小寒は一年中で最も寒くなる時期の始まりを示し、次の大寒でその頂点を表しているのです。

この2つの節気の期間は「寒(かん)」「寒中(かんちゅう)」などと呼ばれます。

その名称からも分かるように寒中見舞いを出したり、寒中水泳や寒稽古で心身を鍛えたりするのがこの時期です。

また小寒の1月5日は「寒の入り」と呼ばれ、春の始まりの節気である2月4日の「立春」が「寒の明け」になります。

小寒の期間の1月7日は七草の節句で、七草粥(ななくさがゆ)を食べる風習は皆さんもよくご存知でしょう。

おいしくて暖かい七草粥を食べて一年間の無病息災を祈ります。

正月で疲れた胃腸をいたわりつつ、最も寒くなる時期に備えて体力を付けておくためにも、この時期に身体に優しく栄養満点な七草粥を食べるという風習は非常に理に叶っているんですね。

小寒の七十二候

七十二候とは、二十四あるそれぞれの節気を更に細かく初候、次候、末候の3つに分け、全部で72等分に分けたもの。

その時期の気候の特徴や動植物の繊細な変化を元にし、美しい短文でその節気をより詳細に説明しています。

小寒の七十二候は次の三つです。

初候 「芹乃栄(せり すなわち さかう)」

次候 「水泉動(しみず あたたかをふくむ)」

末候 「雉始雊(きじ はじめて なく)」

芹乃栄

若菜のセリがたくさん生えてくる時期を表したもので、セリと言えば春の七草のひとつ。七草粥の材料として有名ですね。

このセリは「古事記」「日本書紀」といった文献にも登場する日本最古の野菜なんだそうです。

水泉動

寒さは正にこれからが本番という時期ですが、地中では徐々に陽気が生じ、冷たく凍った湧き水の出る泉は土の中で少しずつ溶けはじめ、そして水が動き出すという意味。

本当にこの時期に大地が暖まってきているのかどうかは、少し疑問なところもあります。

しかしこれは私の考えなんですが、この「水泉動」は一年中で最もおてんと様が出ている時間の少ない冬至を過ぎ、少しずつ日照時間が増えている事を表しているのではないのでしょうか。

また、見えない所では春は確実に近づいてきていることを示すことによって、一年中で最も厳しい寒さを迎える私たちを鼓舞しているようにも思えます。

雉始雊

オスのキジが自分の縄張りを主張し、メスに求愛をするために羽をバタバタさせながら「ケーンケーン」と鳴き始める頃。

相手の頼みごとをむげに断わる様子を「けんもほろろ」といいますが、実はこのキジの「ケーン」「ホロホロ」という鳴き声から来ています。

動画でも分かると思いますが、その様子や鳴き声からは愛想なく追い返すような感じを受けますよね。

「けんもほろろ」 その意味と語源をわかりやすくお伝えします!

都市に住んでいるとめったにお目にかかることはありませんが、桃太郎など日本人には非常に馴染み深く、数少ない日本固有種の鳥で、国鳥にも指定されています。

関連記事 「小寒」前後の二十四節気

▼ 冬至とは わかりやすく簡単な言葉でお伝えします!

▼ 小寒とは

▼ 大寒とは わかりやすく簡単な言葉でお伝えします!


スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク