orange情報舎

ロディア メモ帳 使い方 アイデアとお金を生み出す最強ツール

2015.02.19

 

ロディア メモ帳 使い方 アイデアとお金を生み出す最強ツール

フランス生まれのメモ帳『ロディア』

オレンジ色のカバーに非常に質の高いブロックメモ。ミシン目が付いているので書き終わればキレイに切り離すことが出来る。

デザイン性も非常に高く世界中のクリエイターから愛されています。

このロディアの使い方でよく言われるのが、いわゆる「To Doリスト」や「買い物リスト」といった日常的な使い方。

しかしこのロディアのメモ帳、実はうまく使えばアイデアとお金を生み出す最強のツールに変身するのです!  


スポンサーリンク

ロディアのメモ帳の使い方 何も考えずにただメモするだけ

まず大切なのが、決して無理やりにアイデアを出そうとしたり、意味のある事だけをメモしようとしたりしないこと。

単純に気付いたことや思いついたことを、なんでもかんでもメモするだけでいい。

アイデアが浮かばなくても「なぜあそこのラーメン屋は美味いのに、それほど人が入らないんだろう」といった疑問でもいい。

「折りたたみ傘は使った後にたたむのが面倒」といった普段不便に思っていることを書いてもいいんです。

とりあえず頭の中にぼんやりと浮かんだことは全部文字にしてしまう。

その内メモすること自体が楽しくなり、アイデアでも何でもないような意味の無いメモばかりを乱発させても全く問題ありません。

逆にその行為が最も大切なんです。

というのも「考えるからアイデアが出るのでなく、なんでもかんでもメモすることからアイデアが生まれる」からです。

そしてその生まれたアイデアをメモすることで、また別のアイデアが生まれてくるのです。

そして書いたメモは切り取って全部箱などにしまっておくだけでOK。

本当に簡単だと思いませんか。 簡単でシンプルで精神的負担が少ないものでないとなかなか続きません。

アイデアを出すという意味では、一時流行した「マインドマップ」も非常に有効な手段だと思いますが、何となく実践するのが億劫という人も多いはず。

その点、何も考えずに思いついたことを適当にメモするというロディアの使い方なら億劫になるなんてことはありません。 

ロディアのメモ帳 アイデアを熟成させる

箱にいれておいたメモは整理する必要も見返す必要もありません。

ただおそらく一定期間が経って忘れかけた時に「今までどんなこと考えて、どんなメモをしたんだろう」と気になる時が必ず来ます。

せっかくアイデアを貯めたんだから活用しなきゃ、という義務感ではなく、何となく興味がわいたときに見る、というのが最も効果的。

メモの中には書いた本人でも意味の分らないものや奇想天外なもの、子供じみたアイデアや実現が絶対に不可能なアイデアもかなりあると思います。

そしてそれをバラバラに床に並べてみたり、無作為に選んだメモ同士を見比べたりして遊べばいいのです。

すると「このアイデアは実現不可能だけど、ここをこう修正すれば実現可能になるな」とか「このアイデアには価値が無いけど、このアイデアと組み合わせればお金になるな」とかいった別のアイデアが頭の中に浮かんできます。

以前にメモしたアイデアが知らない間に熟成し、他のアイデアと勝手に連携し始めるのです。

秩序立てて考えたアイデアではなく、無秩序の中から偶然生まれるアイデアの方が価値が高い場合が多いのです。

ただこの時にいいアイデアが生まれなかったとしても、日数が過ぎて熟成されれば熟成されるほど、黄金のアイデアになる可能性も高くなる。

ですので、どんなにくだらないと思ったメモでも、捨てずにしまっておくことが大切なのです。 

ロディアのメモ帳じゃなくてもよくない?

アイデアとお金を生み出すロディアの使い方について書きました。

しかし「別にロディアじゃなくても、もっと安物のメモ帳でいいんじゃないの」と思われた方もいるでしょう。

ですがそれはちょっと違うんです。

それはロディアのメモ帳は書くことが気持ちよくなる魔法のメモ帳だから。

高品質の紙なので書き心地がいい、立っててもメモしやすい、ミシン目でキレイに切り離せる、とりあえず使うことが本当に気持ちいいメモ帳なんです。

まずはメモをするという行為を癖にしなくてはいけないのですが、単純で気持ちいい行動でないと人間はなかなか続けられません。

そして結構大きな要素が「おしゃれ」であること。

使う人間をこれだけクリエイティブな気分にさせるメモ帳なんて、そうざらにはありません。

私はメモ帳が好きで、本当に色々な使い捨てのメモ帳も使っていましたが、ロディアのメモ帳は全ての面において本当に最高なんです。 

ロディア 一番のおすすめはNo.11

ロディアのメモ帳には色んなサイズと形があるんですが、世界で最も愛用されていて、私自身もおすすめするのが『No.11』

大きすぎず小さすぎず、外でメモをすることを考えると胸ポケットなどにもスッポリ入るくらいのちょうどいい大きさ。

1度使ってもらえば、その良さと品質の高さが必ず分ってもらえると思います。


スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク