orange情報舎

みどりの日とは 本当の意味 その名称とはかけ離れた黒歴史

2015.02.24

 

みどりの日とは 本当の意味 その名称とはかけ離れた黒歴史

5月4日は国民の祝日である「みどりの日」

このみどりの日なんですが、実はその親しみやすい名称とは裏腹に、非常に多くの問題を含んだ祝日なのです。

ゴールデンウィークを構成するためだけに存在していると言っても過言ではない、ある意味「偽りの祝日」なのです。


スポンサーリンク

みどりの日とは 成立の過程とその後の経緯

その問題点を見ていく前に、まずはみどりの日の成立の過程と、その後の経緯について、簡単に振り返ってみたいと思います。

現在みどりの日は5月4日ですが、2007年までは4月29日でした。

そしてこの4月29日というのは、もともと昭和天皇のお誕生日である天皇誕生日だったのです。

しかし昭和天皇の崩御(天皇がお亡くなりになること)のあと、昭和天皇を偲び、激動の昭和を忘れないため、政府はこの日を祝日として残すことを決めました。

本来ならその趣旨に沿うように「昭和記念日」「昭和の日」とすべきなのですが、なぜか政府はその祝日を「みどりの日」という名称にしたのです。

しかしその後、やはり本来の意味である「昭和の日」に名称を変更すべきだという声が大きくなってきたために、2007年に「みどりの日」から「昭和の日」へと変更されました。

そしてみどりの日は廃止されることなく、そのままゴールデンウィークの「国民の休日」の5月4日へと移動になりました。

みどりの日とは その本当の意味と問題点

まず4月29日を祝日として残すその本来の目的というのは、あくまでも「昭和天皇の御功績を称え、記念するものである」というのが当初の政府の説明でした。

また「みどりの日」という名称にしても、昭和天皇が大変自然を愛されたことに由来すると言っていたのです。

しかし実際に成立した「みどりの日」の趣旨というのは「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」という昭和天皇と全く関係の無いものでしかなかった。

この時政府がもっとも恐れていたのは、批判等で祝日の成立が遅れることでした。

昭和天皇や昭和という時代を包み隠すように「みどりの日」という抽象的であいまいな名前に決定したのも、「昭和の日」では野党や左派勢力からの批判が出るのが確実だったからです。

実はこの「みどりの日」という祝日は、昭和天皇が崩御されてから、たったの1ヶ月半という異常なほどの早さで作られたものでした。

そのあまりの性急さに、昭和天皇を失って呆然としていた国民は、いつの間にこんな祝日になったのかと唖然となった。

なぜそこまで政府はその成立を急がなければいけなかったのか。

政府が最も危惧したのは「4月29日が平日になること」だったのです。

天皇が崩御されたのが1月7日で、法案成立が2月25日です。

まるで何かに追われるように、早急に「みどりの日」が成立した。

そして4月29日を祝日にするのは昭和天皇の偲ぶためというのは、あくまでも建前でしかなく「ゴールデンウィークの存続」こそが政府にとって最も重要なことだったのです。

天皇とは日本そのものであり、国民の祝日は国の歴史そのものです。

しかし政府にとってそんなことどうでもよく、連休の存続こそが至上命題だった。

つまり、政府はGW存続のために「昭和天皇を利用した」

日本政府の皇室軽視・歴史軽視

敗戦後にGHQが行った日本の歴史否定の非道を、今度は日本政府自らが犯したといっても過言ではない。

この4月29日を祝日として残すのは、GWの入り口としてのためなのか、それとも昭和天皇を偲ぶためのものなのか、もし後者であるなら、なぜ「昭和の日」としないのかという国会内での質問に対し、当時官房長官であった小渕恵三氏は

「みどりの日ということで、国民の皆さんの気持ちとして昭和天皇を偲ばれるということであるのならば尊いことだと思う」

と訳の分からない答弁をし、そして次のようにも発言しました。

「明治天皇のお誕生日が現在、国民の中で文化の日として定着していることから考え、最終的にみどりの日でお願いしている」

日本人にとって非常に重要な祭日であった明治天皇のお誕生日「明治節」を、GHQが強制的に変えたものが「文化の日」という意味不明の祝日なのです。

そんなものを「定着している」と表現するのですから、保守であるはずの自民党政権による皇室や歴史、祝日に対する軽視はすでにこの頃から始まっていたことが分かると思います。

みどりの日は廃止すべきだった

昭和の日の成立に従い、みどりの日は5月4日へと移動になりましたが、これも連休を形作るため、また政府がみどりの日を再利用したに過ぎないのです。

この5月4日は、それまで「国民の休日」という憲法記念日とこどもの日の間を埋めるためだけに作られた、訳の分からない休日でした。

つまり、そこに移動したということは、みどりの日など国民の休日ほどの意味しかない、と政府が認めたと同じことなのです。

5月4日という日には何の意味もない、ただGWにポッカリと開いた穴。

その穴を埋めるためだけに成立させた「国民の休日」、そしてその「国民の休日」の代わりに代用された「みどりの日」

そんなものに「自然に感謝して、豊かな心をはぐくみましょう」だなんて、誰が心から祝うというのでしょうか。

「国民の休日」を祝う国民はいないのです。

「みどりの日」という偽りの祝日など、昭和の日だけではなく、国民の祝日全体の価値さえ貶めかねない。私はこの観点からも「みどりの日は廃止されるべきである」と考えています。

そしてそんなにゴールデンウィークが日本の歴史や文化よりも大切だと言うのなら「国民の休日」に戻せばいいだけなのです。

国民の祝日 関連記事

昭和の日とは その本来の意味と問題点を今一度見直そう


スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク