orange情報舎

岸和田 花火大会 2017 定番・穴場スポット情報 究極の穴場も!!

2015.05.06

 

岸和田 花火大会 2017 定番・穴場スポット情報 究極の穴場も!!

 

岸和田といえば『だんじり祭り』が有名ですが、昭和28年

から今回で65回目になる『岸和田港まつり花火大会』も大変

有名です。

 

1500発の花火が岸和田の夜空を鮮やかに彩る、岸和田市民

だけではなくて、泉州地区の人たちからも愛されてきた歴史

ある花火大会。

 

この記事では、2017岸和田花火大会の日程や定番スポット

そして穴場スポットについて詳しい情報お伝えします。 

 

 


スポンサーリンク

岸和田 花火大会 2017 開催日程ほか 

開催日時

例年7月最終土曜日の20:00~21:00に行なわれます。

 

今年2017年は7月29日(土)20:00~21:00

の開催となります。

 

※ 荒天の場合は中止(軽い雨程度なら開催されます。

  中止の場合、延期はありません)

開催場所

岸和田市地蔵浜町阪南港南1区岸壁

交通規制

岸和田港会場周辺は18:00~22:00の間は交通規制と

なり車両進入禁止となります。 

岸和田 花火大会 2017 定番スポット 

 

岸和田港開催場所以外の定番スポットを紹介します。 

岸和田カンカンベイサイドモール

かなりの人混みですが、出店もたくさんあって賑やかな

お祭り気分が楽しみたいならここがおすすめ。

 

岸和田カンカンベイサイドモール・地図

 

南海本線・岸和田駅を降りた後、商店街をずっとまっすぐ

行ったところにあります。

 

車の場合、夕方から行ってモールの駐車場に留めようと

しても無理だと思ったほうがいいと思います。

 

岸和田城・二の丸広場

岸和田城の大手門の向側にある二の丸広場は岸和田市民の

憩いの場として愛されている場所です。

 

この二の丸広場だけではなく岸和田城周辺は海側より一段

高いところにあるので、岸和田城の周辺そのものが大きな

スポットといえます。

 

岸和田城 二の丸広場・地図 

岸和田 花火大会 2017 穴場スポット 

木材町の堤防

岸和田港から北東に位置する、春木地区の海岸堤防。

 

ここらへ木材町という名の通り周辺の海は木材の貯木場で

潮の香りと木の香りが混じった独特のニオイと独特の景観。

 

当然出店などはなく少しさびしいかもしれませんが、でも

堤防に座って海の風に当たりながらゆっくりと花火を鑑賞

出来るので、とてもおすすめの場所です。

 

見物人のほとんどが地元や周辺の方なので、岸和田港周辺

ほどの人ごみになることもありません。

 

材木町の堤防・地図 

 

貝塚・二色の浜公園 

木材町の堤防と真逆の方向にある貝塚市の二色の浜公園

でも岸和田の花火大会を楽しむことが出来ます。

 

貝塚二色の浜公園・地図

岸和田 花火大会 2017 究極の穴場

 

ここら辺は城下町ですから古い街並みが続く非常に落ち着

いたところで、高い建物もほとんどありません。

 

ですから正直言えば岸和田の海の手側であれば、ある程度

はどんな場所からでも花火を楽しむことが出来るんです。

 

例えば岸和田城周辺なら定番の二の丸広場もいいのですが

場所によっては岸和田城の横に花火が開き、周りのお堀の

水面が夜空の花火で色とりどりに染まる、そんなスポット

もあるのです。

 

お城と花火のコントラストが何とも言えず風流。

 

私的には本会場の迫力ある花火よりも、こちらの情緒ある

花火のほうが好きなんですけどね。

 

私は他にもお気に入りの場所があって、そこは地元の人が

夕涼みがてらに花火を楽しんでいるような静かな場所で

いつもそこでお邪魔させてもらうような感じで楽しんでます。

 

ですので少し探せば、ひょっとすると地元の人も見逃して

いたような、あなたしか知らない究極の穴場が見つかるかも。

 

ただあくまでも地元の人優先の気持ちを忘れず、迷惑など

掛からないように十分に気をつけて楽しんでくださいね。

 

関連記事

 


スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク