orange情報舎

花粉症が雨の日にひどい理由とその対処法

花粉症が雨の日にひどい理由とその対処法

 

花粉症が雨の日にひどい理由とその対処法

 

毎年本当にうんざりする花粉症なんですが、一般的に雨の日は晴れた日よりもその症状が楽になると考えられがちですよね。

しかし花粉症で悩んでおられる人の中には晴れて花粉が多い時よりも、雨の日でその飛散量が少ない時の方が、なぜか症状が悪化してひどくなる、と感じている方も結構いるのでは。

はたしてこれは一体なぜなのでしょう。

この記事では雨の日に花粉症が悪化してひどくなる理由とその対処法について、簡単にわかりやすくお伝えしたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

雨の日に花粉症が悪化し、ひどくなる理由

 

まず結論から言いいますね。

この雨の日の花粉症の悪化には 気圧 が関係しています。

晴れた日は気圧が高いのに対し、雨の日というのは気圧が低くなるのは、皆さんもご存知ですよね。

実は人間の身体というのは気圧が下がると体内でヒスタミンという物質がたくさん分泌されます。

そしてこのヒスタミンこそがアレルギー反応や花粉症を引き起こす物質なのです。

晴れて気圧の高い時よりも、雨で気圧の低い時のほうが花粉症の症状がひどくなるのはこういった理由があったんですね。

雨の日にひどくなる花粉症に対する対処法

雨の日でも花粉は飛んでいる

怒らないで聞いてほしいのですが「雨が上がり晴れるのを待つ」のが最も効果のある対処法なのかなぁと思います。

花粉自体には色々対処できても気圧には対応できませんもんね。

ただ、雨だからといって家の外でマスクは外すのは絶対にダメ。

雨の量や強さ等にもよりますが、全く花粉が飛んでいないわけではなく微量ながらも必ず飛んでいますから。

体内のヒスタミン量が増えているのですから、少量の花粉にも身体は反応してしまいます。

つまり雨の日は「花粉量がダウン」「ヒスタミンの量がアップ」となり、結局は「プラスマイナス0」の状態ですので、花粉が少ないからといって花粉症は楽にならないのです。

ですので、雨が降ってるから薬を飲まなくていいなんてことは絶対になく、雨の日こそヒスタミンを抑える薬をちゃんと飲む必要があるんですね。

ハウスダストへの異常反応

そして私の経験から皆さんに是非おすすめしたい対処法ですが、「雨の日は家の中でもマスクを付けたままで過ごす」という事。

花粉症に苦しんでいる方なら分かってもらえると思うのですが、雨の日に花粉症の症状が最も悪化するのは室外じゃなくて室内。

つまり花粉というより室内のホコリやダニなどのハウスダストに体が異常反応してるのだと考えられます。

雨の日は気圧の関係で体内のヒスタミン量が増え、身体は一層過敏になり、アレルギー反応が出やすい状態になっています。

そのため、普段はそれほど反応しないような微細なホコリなどにも身体が過剰に反応してしまっているのです。

ですので雨の日は室内であっても、なるべくマスクを着用したままで過ごしてほしいんです。

就寝時のマスクも必須!

もっと言えば、花粉症の季節には天気関係なく「寝る時も必ずマスクを付けたままで就寝する」ことを徹底してください。

晴れでも雨でも、起床時の発作のような花粉症の症状って本当につらいですよね。

この状態は「モーニングアタック」と呼ばれます。

実はこれには自律神経が関係しているのですが、しかしやはり布団やベッドから出るほこり等のハウスダストも、その大きな原因のひとつなのです。

意外と見過ごされがちな事なんですが、就寝時のマスクは少しくらい息苦しくても必ず着用してくださいね。

今までの対処法をまとめると結局「一日中マスクをつけたままで過ごす」という結論になってしまうんですね。

やはり根本的な治療が確立されていない現状では、マスク等で花粉などのアレルギー物質を物理的に止めて、薬でその症状を抑えるしか今のところ方法がありません。

あと早め早めの対策は本当に大切です。

シーズンの2週間前くらいから面倒くさがらずに、薬の飲用とマスクの着用を始めてくださいね。

花粉症 関連記事

花粉症 咳が止まらない原因と対処法

5月・6月の花粉症はイネ科が原因 その対策方法とは?

9月・10月 秋の花粉症の原因はブタクサ・ヨモギなどの雑草

 



スポンサードリンク





関連記事

スポンサードリンク

休業特別支給金